Stone Soup PJ

雑記です。人生は一日一日の積み重ね。

iPhone 6を2年間運用する場合、格安SIMとdocomoへのMNPどっちが安いのか?

iPhone 6が端末サポート入りして、各所で投げ売りされていると言う情報を聞きつけて、格安SIMで運用した場合とどちらが安いか比較してみました。運用期間は2年間で計算しています。

格安SIM(DMMmobile)

格安SIMは安さに定評のあるDMMmobileを選んでみた。データは5GBをチョイス。

  • 端末
    • SIMフリーiPhone 6 16GB
      • 74,800円
  • ランニング
    • DMMmobile 通話SIM 5GB
      • 1,970円*24ヶ月=47,280円
  • 端末+ランニングの合計
    • 122,080円

格安SIMの場合は、基本これだけ。シンプル。

docomoMNP

通話は、1通話あたり5分以内の通話が無料のカケホーダイライト、データは5GBをチョイス。

  • 端末
    • iPhone 6 16GB
      • 9,200円
        • 端末
          • 68,400円
        • 端末購入サポート
          • -49,200円
        • 乗り換えボーナス
          • -10,000円
  • ランニング
    • 6,200円*24ヶ月=148,800円
      • カケホーダイライトプラン
        • 1,700円
      • データMパック(5GB)
        • 5,000円
      • SPモード
        • 300円
      • 月々サポート
        • -800円
  • 端末+ランニングの合計
    • 158,000円

キャリアの場合は複雑。何回ネストすればいいんだ……。
端末購入サポートと、月々サポートの概念がややこしいので、公式から引用。

  • 端末購入サポート

規定利用期間(購入日もしくは開通日の翌月1日から起算して12か月)を超えるまで、ご購入機種の継続利用およびパケットパック/シェアオプションの継続契約を条件として、機種のご購入代金の一部をドコモが負担する制度です。
キャンペーン | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

  • 月々サポート

ご購入の機種に応じた月々サポート適用金額を毎月のご利用料金から割引くサービスです。
月々サポート | 料金・割引 | NTTドコモ

結論

格安SIMの方158,000円-122,080円=35,920円安い。ただ、docomoには1通話あたり5分間無料や通信品質にアドバンテージがある。また、店舗によっては独自のキャッシュバックがあったりするので、それによっては、docomoの方が安くなるかもしれない。
今回は1回線保有での計算なので、複数回線持つとまた変わってくると思います。